倉庫内作業の基礎知識

倉庫で働く派遣社員にとって役立つ情報をお届けします。

カテゴリ: テープ、カッター

カッター
自前のカッターの持ち込みを禁止し、倉庫側でカッターを貸し出していることがある。 カッターには番号が付けられており、借りるときは何番のカッターを誰が使用するか記録する。そして帰りには返却がちゃんとされているかをチェックする。

なぜこんなことをしているのか。

カッターが必要な仕事にもかかわらず持ってくるのを忘れる人が多いため貸し出すようになった。
という側面もなくはないだろうが、最大の理由は「カッターの混入を防ぐ」である。

作業中に自分のボールペンやカッターがどこかにいってしまい失くしたことはないだろうか。もしそれが梱包時に段ボールに入ってしまっていて、そのままお客様へ届けられてしまったらどうだろう。

ボールペンならまぁまだしもカッターがお客様に送られる。これはつまり刃物をお客様に送り付けているという事なのである。さらに過激に言えばカミソリの刃を送り付けているようなものなのである。

こんなことをしてくるとはとんでもない企業である。

なので最近はカッターの管理について厳しくしている倉庫が増えてきた。先に述べた通りカッターに番号をつけて管理する。カッターにはチェーンをつけて体につけさせる。そうすれば万が一落としても体と繋がったままで失いにくい。そして数時間ごとに全員カッターを持っているか確認し、万が一失った人がいれば作業を中止しカッターの捜索にあたるのである。
 

テープカッター

OPPテープを使う上で必要不可欠なテープカッター。色々な材質や形状のものがあるが、プラスチック製でローラーが付いたものが一番使いやすいと思う。金属製のものは重いし手を挟むと痛いしで何のメリットがあるのかが謎だ。

テープはどこに通すのかわかってない人が稀にいるので絵にしてみた。わかりますかね?
テープカッター_ローラー

テープカッター_テープ遠し
では実際にテープカッター付きテープを使って段ボールを組み立ててみる。
今回実際に使うのはダイソーで買った安物のテープカッターである。ローラーがない。
テープカッター
まずはテープを通す。
テープカッターテープ通し
こんな感じで使う。
テープカッター使い方
テープを切るときにあんまりダンボールへ力を入れすぎてしまうと・・・
テープカッター切る直前
テープカッターダンボール破損
ダンボールを傷つけてしまう。

段ボールを開封するのにカッターなどを使うと思うが、その際ガムテープののりが刃に付いてしまう。ハサミもまた同様だ。今回はこののりをどうするかというお話。
カッターに付いたのり
こののりを剥がす薬品は「シールはがし」などの名前で売ってはいる。ただ100円のカッターののりを剥がすために500円くらいの薬品を買ってくるのはなんともいえぬ気持ちになる。(※追記 ダイソーで108円で売ってるのを発見しました。)

そこで身の回りにある日用品でなんとかしてみたい。

薬品的には揮発性溶剤で除去できるので、比較的安全に扱いやすいアルコールを使うといい。
身近にあるアルコールの代用として使えるものとして、
・消毒アルコール
・アルコール度数の高い酒
・ウエットティッシュ
アルコール以外でいえば灯油なんかもいい。

物理的には(研磨剤を含まない)消しゴムでこすったり、布テープでペタペタ取る。

温度的には温度が高いほど粘着剤は柔らかくなるので、ドライヤーなどで温める。

この薬品的、物理的、温度的な3方向から攻めていくといいだろう。

そもそものりがベタつかないようにするにはフッ素加工を施してあるカッターやハサミを使うといい。

前回梱包用テープについての記事を書いたが、いろいろ調べているうちにあまりにもたくさんガムテープに関するトリビアがでてきたので別途今回記事にすることにした。ガムテープの闇がここまで深いとは。

ガムテープの誤解
ガムテープとは本来クラフト紙に糊を塗って乾燥させたテープである。使用するには切手のように水をつける必要がある。

初めから粘着していて反対側には剥離加工がされている現在のガムテープは本当はガムテープではない。ではなんと言うのかというとクラフト粘着テープである。 布のやつは布粘着テープである。

布粘着テープはまだしもクラフト粘着テープなんて一体なんだよ!と疑問に思ったことはないだろうか。ホームセンターにガムテープを買いに行ったがあるのはクラフト粘着テープ、ガムテープに似ているがなんなんだガムテープじゃないのかこれはと。

クラフトとはクラフト紙のことで、強度を落とさないため漂白行程を行なわない紙のことである。

メーカーはなぜかクラフト粘着テープのことをガムテープと言いたくないらしい(三陽工業富士工業)。

ガムテープのガムとは何か
ガムテープを英単語(英語ではない)にするとgummed tapeとなる。
gummedはgumの過去分詞。名詞としてはガム、またはゴム。チューインガムのがむでありタイヤのゴムである。ガムとゴムは日本語では別だが英単語では同じなのだ。動詞としてはゴム糊でくっつけるという意味なのでgummed tapeはゴム糊でくっついたテープということになる。

ガムテープを英語で言うと
じゃあガムテープの英語はgummed tapeなのかというとちょっとそういうわけでもないらしい。
実際には以下の三つが使い分けられているようである。

粘着テープ adhesive tape
梱包用テープ packing tape
ダクトテープ duct tape

ダクトテープとはアメリカで人気の高性能なテープのようである。よく映画で犯人が人質の手を後ろにまわし手首を銀色のテープで固定しているが、あのテープである。wikipediaの日本語のガムテープのページから言語指定を英語にすると英語のダクトテープのページへ飛ぶほどである。

まあ、少なくともgum tapeは和製英語だ。



 

今回は梱包に使われる3つのテープのお話。一般的に以下の三種類のテープが使われるが、それぞれ比較しながら特徴を紹介する。

OPPテープ

テープOPP
ガムテープ(紙)
テープ紙
ガムテープ(布)
テープ布

いわゆるガムテープというものを家庭では使っているだろうし、布のガムテープは強力だがちょっと高いというのが一般的な認識だろう。そして倉庫ではなぜかOPPテープを多用している。

この三つのテープの一般的な特徴を表にしてまとめてみた。

テープ_比較
材質
OPPとはOriented PolyPropyleneの略で日本語では二軸延伸ポリプロピレンフィルムとなる。二軸延伸というのは伸ばしてあるという事で、つまりこれ以上もうあまり伸びませんよという事だ。せっかくテープを貼っても伸びられたら緩んでしまい困るのである。

ガムテープ(紙)の表面がツルツルなのは剥離剤が塗ってあるからである。なにせ紙なのでそのままぐるぐる巻いてしまっては使用時に表面がはがれて使い物にならないのである。
シールを思い浮かべてみればわかりやすいだろう。シールもツルツルの紙に付いて売られてるが、あれが普通の紙についてたら剝がすのが大変だろう。


ガムテープの色は大抵ベージュだが、今は様々なカラーのガムテープが売っている。
ではなぜガムテープはベージュ色なのか

ガムテープ(紙)の紙とはクラフト紙のことである。これは段ボールの材料ともなっているもので、クラフト紙とは強度を落とさないために漂白行程を行なわない紙のことである。つまり紙の原料の木材の色ということなのだろう。強度がある紙なので強度が欲しい段ボールやガムテープに使われる。ゆえにベージュ色である。

という事はカラーのガムテープの強度は大丈夫なのだろうか??もし漂白後に染色しているとすれば??

値段
若干ガムテープ(紙)よりOPPテープのほうが高いが大差はない。だがガムテープ(布)は倍近く高い。

手で
OPPは切れないのでテープカッターが必要となってくる。最近は手で切れるOPPテープも出てきた。

重ね張り
ガムテープ(紙)は剥離剤が塗ってあるために重ね張りができない。最近は重ね張りができるガムテープ(紙)もでてきたが値段は1.5倍程度。それはペンで文字も書けるもよう。


どれを使うべきか

ざっと三種類のテープを比較してみたがいかがだったろうか。

OPPテープはほとんど死角がないように思うのだが、家庭ではガムテープのほうが普及してるのは手で切れないからということなのだろうか?手で切れないことがそれほどまでにハードルになるということなのだろうか。

一方倉庫ではOPPテープの需要が高い。テープカッターが必要ではあるがむしろテープカッターがあったほうが作業効率はいいし、透明ゆえに重要な印字情報を隠さないまま貼れる。

鉄の部品などの重量物が入った段ボールとかにはガムテープ(布)を使う事になるだろう。

OOPテープもガムテープ(紙)もそれぞれ弱点を克服した商品がでてきている。今後もさらにテープの改良がおこなわれればまた今までの常識がかわってくるのだろう。アメリカからはダクトテープという黒船も押し寄せている。

ちなみに現段階ではガムテープ(布)の謎があまり解明できずほとんど記事にはできなかった。。
解明できてない謎
・クラフト紙でないのになぜベージュ色なのか?
・なぜ粘着力が強力なのか?その粘着力をなぜガムテープ(紙)でつかわないのか?

↑このページのトップヘ