倉庫内作業の基礎知識

倉庫で働く派遣社員にとって役立つ情報をお届けします。

カテゴリ: 服装、持ち物

倉庫内作業で必要不可欠といってもいい軍手。
たいてい自分で用意することになっていると思います。
軍手の良しあしで仕事のしやすさが格段に違ってきますので、自腹だからと言って安さだけで選ばないほうがいいと思います。

軍手を選ぶポイントはグリップ力通気性
そしてサイズは小さめのものがいい。荷物と軍手の間にしっかりグリップが利いていても、素手と軍手の間がガバガバでは効果半減なのである。

ちなみに軍手の数え方は左右セットで一双(そう)です。

普通の軍手
相場 百均 3双100円 コンビニ 2双100円
安さは抜群だがこれではすべって荷物が持ちづらい。仕事にならないレベルといってもいいくらいである。
KIMG0186_

滑り止め付き軍手
相場 百均 2双100円 コンビニ 1双100円
黄色いボツボツとしたゴムが付いたものが最も一般的。倉庫内作業をするならば最低限このレベルの軍手を使いたい
KIMG0187_
ちなみに上の写真が新品、下の写真が一日だけ倉庫で作業をして洗濯したもの。グリップ力は体感30%ほど落ち、サイズは5%ほど縮んだ。
KIMG0184_

ゴム張り軍手(これも滑り止め付き軍手ともいう)
相場 百均 1双100円 コンビニ 1双200円 ホームセンター 180円からピンキリ
前面にゴムが張られている手袋で滑り止め効果が非常に高い。
下のコンビニで買った赤い軍手は二日以上倉庫内作業をして未洗濯なのだが、この状態でも新品の黄色いボツボツとしたゴムが付いた軍手と同等以上のグリップ力がある。
欠点は蒸れやすい事。ゴム張り軍手を選ぶときは通気性能も考慮しよう。最高級のグリップ力と通気性を売りにしている軍手は500円以上したりする。
KIMG0176_
KIMG0177_

以下は百円ショップダイソーで買ったゴム張り軍手。百円でゴム張り軍手は無理があるのか、見るからにおもちゃ感があるのだが、使用したら後日そのレポートを追記します。
KIMG0119_
KIMG0129_
KIMG0123_
KIMG0132_
KIMG0121_
KIMG0134_

薄手の軍手
相場 百均 1双100円 コンビニ 1双200円
小物の梱包時に使うことが多い軍手。とはいっても薄手の軍手としてではなくドライブ用手袋としてしか売っているところを見たことがない。。
KIMG0125_
KIMG0139_


 

真冬の倉庫はとてつもなく寒いですので、防寒対策はしっかりと考えておいたほうがいいです。

インナー
そう子ちゃん_防寒対策1
服ズボンの下にはヒートテック(ももひき、パッチ)を着る。
靴下は二重に履く。

アウター
そう子ちゃん_防寒対策2
上半身にはドカジャンが一番いいと思う。
靴は底がゴムで厚みのあるラバーソールのようなものだと足元からの冷えを断熱しやすい。

直立状態では完璧な防寒を誇っても、以下のように荷物を持つためにかがんだりすると背中の下の部分の肌が完全に露出する人が多いので気を付けよう。
そう子ちゃん_背中出る


特に髪の毛が薄い人は頭からも冷えが来る。許されるなら帽子の着帽も検討しよう。
これはドン・キホーテにて1000円で買った私の帽子である。ウール100%。
5度以下くらいになると帽子もバカにならなくなってくる防寒効果である。
帽子
帽子ラベル


普通に軍手してれば問題ないですが、素手でないと難しい細かい作業が続く場合がつらい。


マスクをすると肌に直接外気を接触させることを防ぐことができ、息の暖かい空気を顔に当てることができます。
ただし湿っぽくなる感じが気持ち悪いという人もいるし、メガネをかけている人は曇らせる恐れもあります。

鼻水がでます
寒いと鼻水が垂れてきますよね。なぜか?

人の体は冷たい空気が体の中にそのまま入ってくるのを防ぐため、鼻への血流を増やし鼻を温め吸い込む空気を温めようとします。血流が増加したことで鼻水を分泌する鼻腺にも血液が供給され、鼻水の分泌が増加します。

冷蔵倉庫

冷蔵倉庫での防寒対策もこれと同じようなことでいいとおもいます。
冷蔵倉庫の寒さは東京の真冬の朝の寒さ程度、つまり通常の倉庫でも経験しうる程度の温度です。
ただしヒンヤリしたものを触って作業する場合は指先の防寒の考え方は変わってくるかもしれません。
真冬の冷蔵倉庫なんて真冬の通常倉庫と大差ないです。
むしろ真夏の冷蔵倉庫のほうが体調管理が難しく大変です。

じっとしてると寒いが忙しく動き回ればいくら冷蔵倉庫といえども暑くなってきます。

冷凍倉庫

そして冷蔵ではなく冷凍倉庫となるとこれらとは全く別次元の防寒対策が必要となってきますし、防寒対策してもムダな境地にもなってきます。それらのおはなしはまたいつか。
 

服装自由!なんていう求人文句をうのみにしていると痛い目にあうぞ。倉庫には倉庫に相応しい服装がある。会社に言われなくても以下のことを考慮していくのが自分の身のためでもある。

考慮すべきこと
〇動きやすい ・・・体を使う仕事です
〇汚れても目立たない ・・・汚れ対策
〇引っかからない ・・・巻き込み予防
〇肌の露出を抑える ・・・怪我予防
〇仕事にふさわしい柄 ・・・職場です

最も無難な服装
くら子ちゃん_服無難

 色の濃い長袖の服
ほこりなどで汚れるので白系はやめたほうが無難。ダンボールで擦ったりして怪我する恐れがあるので長袖がいい。

ズボン 色の濃い長ズボン、チノパン
同様に白系は控える。半ズボンは問題外。

 紐のないスニーカー
紐は機械などに絡まれる恐れがあるのでやめたほうが無難。

靴下 肌が隠れる程度の長さはある靴下
肌の露出は怪我の元。

 ゴム付き軍手
素手での作業は禁止されてるところすらある。

これに加えて必要に応じて現場にてエプロンやヘルメットが貸し出されると思います。 

やめたほうがいい服装

汚れが落ちづらい素材のもの、必要以上にダブついているもの、チェーン付き、ひも付き


ジャージ、スウェット、タンクトップ、フード付き

ズボン
ジャージ、スウェット、スカート、半ズボン


サンダル、ヒール

靴下 
かかとまでしかないようなショートソックス

その他

アクセサリー、ピアス、ネイル

プロフェッショナルな服装

そう子ちゃん_服プロ
 ヘルメット着用。ヘルメットの下にはハンドタオルを巻く。

 マスク着用。

 エプロン着用。

 ポーチ着用。ボールペン黒赤、サインペン黒赤油性水性、カッターなどいろいろ保持。

 安全靴着用。

なぜヘルメットの下にハンドタオルを巻くのか?
ヘルメット
ヘルメットは使用していると汗や菌で臭くなります。さらに派遣社員の場合は今まで見知らぬ他人が使用していたものを使わなければいけないことがあります。

ヘルメットからのそのいやな感じをダイレクトに受けないようにするためと、自分の頭皮から発汗した汗を即吸い取るために巻く人は巻いています。

一方でヘルメットの下にタオルを巻くとヘルメットが外れやすくなってよろしくないという見解もあり、過酷な工事現場などでは禁止されているようです。
まあしかし倉庫内作業程度ならいいんじゃないでしょうか。

私はファブリーズだけしといて気にせずダイレクトにかぶってます。

あるいはヘルメット用のインナーキャップというものもあり、そういうものも利用してもいいのではないでしょうか。
洗って何度も使うタイプのものや、使い捨ての紙製のものもあります。



倉庫内作業で必要となってくるもの、あると便利なものなどを紹介します。

また日雇い派遣などでは毎回持ち物が指定されますが、指定されていなくても持って行ったほうがいいものもあります。

☆が付いてるのは100円ショップダイソーで見かけたものです。

あると便利な物

必須度 ★★★★★
ボールペン(黒)☆
軍手(ゴム付き) 

必須度 ★★★★
カッター☆
サインペン(赤)☆
手ぬぐい
スマホ

必須度 ★★★
ボールペン(赤)☆
サインペン(黒)☆
軍手(普通) 
軍手(薄手) 
マスク☆
エプロン 

必須度 ★★
指サック☆
絆創膏☆
ポーチ 
安全靴
うがい薬
カイロ☆
ハンコ☆

必須度 ★
ヘルメット 
スマホ充電器
ハンドソープ☆
腕時計☆
歩数計☆
日焼け止めクリーム☆
爪ブラシ☆
野菜サプリ☆
トレーニング用チューブ☆

あるとまずい物


財布のチェーン
 機械に取り込まれる危険あり
パーカーの紐
 機械に取り込まれる危険あり

↑このページのトップヘ