倉庫内作業の基礎知識

倉庫で働く派遣社員にとって役立つ情報をお届けします。

カテゴリ: 法律、契約

派遣社員にとって給料、仕事内容の次くらいに気になる休憩時間について。
こんな休憩の取らせ方ってアリ!?と疑問に感じることもあるかと思います。

労働基準法の休憩の条文は以下の通り

第三十四条  使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
○2  前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
○3  使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

この法律そのものだけでなく、通達や判例もみないと判断できないことも多々あります。

それではこれらを念頭に派遣社員が遭遇しがちな疑問をみていきます。

休憩時間は1時間??

一般的な一日の労働時間は8時間ですが、その8時間に対して45分間の休憩を与えればいいということになります。一般的には休憩時間は1時間となっているところが多いかと思いますが、法律的には45分でいいということになります。

ではなぜ休憩時間を1時間としているところが多いかというと、8時間の労働を一分でも超えることがあれば45分ではなく1時間の休憩を取らせなければならなくなることが理由の一つです。45分しか休憩を取らせてなかった場合、残業させる前に必ず15分の休憩は入れなければいけなくなってきます。それだと管理が大変なので当初の労働時間が8時間以下でも1時間の休憩をとらせておけということです。

また1時間の休憩時間さえ与えておけば法律的にはその後何時間働かせても休憩時間を取らせる必要はなくなり、違法となるリスクをなくすことができます。

ゆえに45分で十分なのにもかかわらず、多くは休憩時間が1時間となっているわけです。

逆に考えれば8時間労働で休憩時間が45分の現場は残業がない可能性が高いのではないかと推測できるわけです。

仕事の最初、または最後にまとめて取らされたんだけど??

ちょっとまだ準備ができてないから、と言われて最初の待機時間を休憩時間とされたり、その逆に仕事が終わってからすべてをとらされたり。

違法です。

労働時間の途中に与えなければならない、と法律にあります。労働と労働の間に休憩がなければなりません。

ただ逆に言えば最初または最後に一分でも労働をさせとけばいい、ということでもあります。
その場合は一分の労働後の休憩時間を伝え、その休憩時間の間はたとえ物量が増えようとも休憩を中断させて仕事に戻らせてはいけないですけどね。

私は最初の二時間十五分をまだ物量がないからと待機させられたのちに仕事に入り、そのあと別途ちゃんと休憩を1時間取ったことがあります。休憩を申し出たとき、あなた最初ずっと休憩室に居たじゃない!と文句を言われましたがそんなことは知ったことではありません。

休憩室まで遠くて移動に時間がかかるんだけど?

倉庫は広いので休憩室に移動するまで時間がかかることも多いと思います。
残念ながら休憩室への移動時間は休憩時間に含まれます。

稀に移動時間は含めず休憩室についてからを休憩時間とする会社もありますが、それはその会社の好意です。例えばニ〇リとか。

手待ち時間はどうなるの?

派遣社員だと仕事ができる状態になるまで延々と待たされることも多々あるかと思います。
作業をしていないとはいえ、指示があればすぐに作業を始めなければならない状態、これが手待ち時間です。

これが何十分と続くとまさかこれが休憩時間として扱われないよな?と不安になってきますが大丈夫。労働時間です


これらの情報は私が法律、通達、判例、そしていろんな社労士さんのサイトを調べてまとめたものです。


 

日雇い派遣のお仕事の流れはどの派遣会社も似たようなものである。
そこで一般的な流れをまとめてみた。その手順の採用率は★の数で表している。

前日以前 予約★★★
 PCやスマホからホームページにアクセスし仕事を選んでエントリーする。
 急募、人不足の案件はお仕事紹介のメールもくる。
 さらに大至急の案件の場合は電話がかかってくることも稀にある。
 天候が悪い日なども人不足になりやすい。
 
前日以前 確認手続き★★★
 予約の段階で見れる求人情報は仕事の概要しか載っていない。
 その仕事に空きがあって予約できたら仕事の詳細(会社名、住所、勤務地への行き方など)が見れる状態になる。
 契約書(労働条件通知書兼労働契約書とか就業条件明示書などの名称)もメールなどで届く。
 就業内容を確認することで仕事が確定する。
 
前日 前日確認★★
 あまりにも前に仕事を入れているとそのことを忘れてしまう人もいるのだろう。
 前日になったら前日確認メールが届く。
 それに従って間違いなく仕事へ行く趣旨の返信なりボタンを押すなりする。
 初勤務の場合だけ電話で連絡して、仕事の詳細や注意事項などの話を受けることがある。
 
当日 出発確認★★
 出発した趣旨をメールなりウェブサイトからなりで連絡する。
 これを忘れると派遣会社は出発していないと判断し別のスタッフに勤務の依頼をかけてしまう。
 とにかく派遣会社は頭数を揃えることだけには必死であり、登録面接には甘いが無断欠勤には非常に厳しい。
 病欠、交通の乱れによる遅れの連絡は雇用元会社(つまり派遣会社)にする。
 数か月単位の長期の派遣の場合は就業先会社と雇用元会社の両方に連絡するのが通例のようだが、日雇い派遣は私の知る限り雇用元会社に対してのみである。
 ただ当日にならないとわからないそういうイレギュラーな状態を連絡しても、当日キャンセルは認めていませんと言われるだけという理不尽さがある。
 それでも無連絡よりよりはマシだし無理なものは無理なので連絡しよう。
 
当日 到着連絡★
 到着した趣旨を連絡する必要がある場合もある。
 
当日 お仕事開始★
 大人数の現場の場合、出勤しているかどうかの点呼を受けることがある。
 
当日 お仕事終了★★★
 就業先会社が雇用元会社から受け取っているタイムシートに勤務終了時間、休憩時間などを記入する。
 稀にタイムシートは書いておくよと言ってくる就業先会社があるが、そういう会社には二度と関わらないほうがいい。
 本来あなたが書くべきものだし、勝手に勤務時間を短くして記入される恐れもありトラブルの元である。
 
当日 退勤報告、完了報告★
 残業時間や交通費などをまたしても報告する必要がある場合がある。
 残業時間なんてタイムシートを見ればわかるのに。。
 

↑このページのトップヘ