倉庫内作業の基礎知識

倉庫で働く派遣社員にとって役立つ情報をお届けします。

カテゴリ: 健康管理、体力作り

スポーツの前には準備運動がつきものだが、体を動かす倉庫内作業も同様である。
硬くなったままの体のまま仕事に入れば怪我する恐れがある。その怪我とは筋肉痛、腰痛、 捻挫などの内部的なものと不安全行動による外部的なものとかある。

内部的なもの
体が硬いまま無理に動こうとすると、伸縮性がないために引きちぎれてしまう。
〇筋肉 ・・・肉離れ、筋肉痛など
〇骨 ・・腰痛など
〇関節  ・・膝の痛み、捻挫など

外部的なもの
緩慢な作業者の行動により、本来取るべき動作に時間がかかったり省略されたりすることがある。それにより外傷(手を切ったり指を挟んだり)を被ることがある。

特に注意すべき状況
季節的には特に冬場は体が収縮して硬くなっている。年齢的には中高年は筋肉が衰え関節の柔軟性も落ちている状態である。

ゆえに準備運動によって筋肉、骨、関節をほぐし可動域を広め、さらに体温と心拍数を高めることで体を動かしやすくして危機回避行動がとれるようにしておくのが望ましい。そしてそれは特に冬場において年齢が高いほど重要なことになってくる。

急激な動作は控える
いろいろなスポーツ選手のなかでもなぜか野球選手だけはやたらと怪我する人が多いと感じないだろうか。デッドボールなどによる外部的なものだけでなく、肉離れなどの内部的なものが多い。プロのスポーツ選手だから当然ストレッチや準備運動はしているはずである。だが野球選手だけはやたらと怪我が多い。

それは野球というスポーツの特性による。野球はバットを振るのもボールを投げるのもダッシュするのも急激な動作である。あまりにも急激な動作なため準備運動をしていても内部的な怪我をしえるのである。一方例えばサッカーでは急激にダッシュすることもあるが、そうでなくても常に軽く走っている状態なのでその落差はマシである。

つまりたとえ仕事前に準備運動をしていたとしても限度を超えた急激な体の動作をすれば怪我をしうるという事である。

それを防ぐには限度を超えた急激な体の動作を慎むか、待機時間にじっとせず何かしら体を動かしておくかという事になる。

全体でやる準備運動は勤務時間か?
準備運動の重要性を認識している会社ではそれを毎朝全員で行おうとする場合がある。そこで問題となってくるのはその準備運動をしている時間が勤務時間かどうかという事である。

労働時間とは「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」のことをさす。準備運動についてはその参加が義務であれば労働時間、自由参加ならばそうでないという事になる。

ただ自由参加の場合でも参加することを強く推奨するとかいって実質的に義務になってるケースもあるようで、その場合はどうなるのかは知らない。 

倉庫内作業をするようになって喉を痛めた人も多いだろう。倉庫は大抵空気が悪いのだ。

まったく異常をきたさない人もいれば、数時間で痛みを感じる人もいる。
倉庫の汚さの程度にもよるだろう。
私の場合は見るからに汚そうな倉庫にて一か月で喉を壊した。

では喉を守るにはどうすればいいのか。

マスク
最も効果があるのはマスクの着用。それだけで喉の問題は90%解決されたも同然である。

うがい薬
夏場などマスクをしてては口元が蒸れていやだというならば次善策としてうがいするといいだろう。
この明治というメーカーはかつてイソジンというブランドでうがい薬を販売していた会社で、ここのうがい薬ならば間違いはないだろう。

のど飴
実はものによって効能効果にかなり差がある。
レベル1 菓子メーカーののど飴

レベル2 薬品メーカーののど飴

レベル3 医薬部外品

レベル4 第3類医薬品

レベル5 第2類医薬品


薬品(のどぬーるシリーズ)
スプレータイプ

就寝中用

ガラガラゴックン

内服カプセル

綿棒タイプ

のどぬーるシリーズがこんなにあったとは小林製薬恐るべし。




喉の痛み
初めて倉庫内作業をする人が一番驚くのがこれ。倉庫内はそれなりに掃除されていたとしても目に見えないほこりがいっぱいです。人によっては一日で喉をやられる事もあります。
対策
〇一番いいのはマスクをする事。
〇帰宅したらうがい薬を使ってうがいをする。

熱中症
倉庫内は夏40度を超える灼熱と化します。冷暖房完備の倉庫もありますが、トラックヤードのある階はどうしようもないでしょう。倉庫内は日陰だからといって安心はできない。男性のほうが熱中症になりやすいようです。
対策
〇水分補給をマメにする。
〇塩アメを適度に舐める。
〇タオルを水に濡らして首に巻く。
〇十分な睡眠をとる。

寒さ
倉庫内は冬底冷えします。足の下から寒さが染みてくるので下半身の防寒をおろそかにしてはいけません。なおかつ動きやすい恰好でなければなりません。ですので対策も下から見ていきます。
対策
〇ラバーソールの靴を履く。
〇靴下を二枚履く。
〇ズボンの下にヒートテック下着(ももひき、パッチ)を履く。
〇手首、足首、首は血管が皮膚に近く、温めておくべき重要なポイント。
〇防寒ジャンパー、ネックウォーマー
〇カイロ。貼るカイロで重要ポイントをおさえる。
カイロの場所
血管やツボを温めるといいのですが奥が深く執筆中。。

筋肉痛
一般論として最初は筋肉痛が激しいが、仕事を日々続けていれば無くなってくる(らしい)。しかしいつまで続けてもなる人はなる(私のように)。乳酸の蓄積が原因と言われてきましたが、現在では筋の微細損傷が原因ではないかという説もありはっきりとわかっていないようです。
つまり一般的にいわれている筋肉痛予防法対処法は本当に効果があるのかアヤシイ。
我慢できないほどの痛みの場合
〇鎮痛消炎剤。痛みを取り除くのではなく痛みを感じにくくするだけのもの。本来体によくないものなのでどうしようもない時のみ使用。

以下執筆中

排便 

夜勤 

怪我(体調とは別の記事にすべきか?)

冷蔵倉庫での仕事はまた特殊な体調管理が必要となってくる模様。 

↑このページのトップヘ