ストレッチフィルムを巻いていると摩擦熱で手が痛くなってくる。そのためストレッチフィルムフォルダーというものが用意されている現場もあり、それを筒の両端につけて巻けば手を傷めずに済む。

ストレッチフィルムフォルダー
これがない場合はゴムの付いていない普通の軍手を手につけて巻けばいい。ほんわかと手が温まる程度で済むようになる。黄色いブツブツのゴムが付いた滑り止め付き軍手でも左右逆にはめて裏返しに使えば同様のことができる。
滑り止め付き軍手
ところで普通の人なら手が痛くなってとてもじゃないが素手では巻けないと思うのだが、慣れた人の中には素手で巻いてしまう人もいる。 素手でやる上で何かコツがあるのか知りたいところではあるが、一つの仮説を立てることはできる。

歳をとると指先がカサカサしてくることと関係があるのではないかという仮説だ。

よく年寄りが紙をめくる時に指に唾をつけるところを見かけると思う。あれば指先がカサカサで滑るためそのままでは紙がめくれないのである。ゆえに唾を付けてグリップを効かせて紙をめくるのである。

このてのカサカサは紙をめくる上では不利であるがラップを巻く上では有利に働くのではないかと思っている。もし脂がのっている若者でも素手でラクラク巻ける人がいるのであれば仮説は崩れるのだがはたしてどうだろうか。