コンテナとは容器の事だが、それを中央を境に左右別々の色をしているものを二色コンテナという。
色だけが違うのではなく微妙に凸凹の窪みや突起の位置大きさが色によって違う。
逆に別のコンテナでも同じ色の部分なら窪みや突起の位置大きさは同じである。

わかりやすく縦に並べて点線を引いてみるとこうなる。
二色コンテナ
これによって積み重ねたときに同色同士だとひっかかり、異色同士だと埋まるようになる。
二色コンテナ_積み重ね
つまりコンテナに何かを入れて積み重ねるときは同色同士になるように積み重ね、使わないからコンパクトにして退けておきたいときは互い違いの色になるように積む。

これが二色コンテナだ。

食品専用というわけではないが、食品を扱う倉庫で特に高確率でこれが使われている。
コンビニの食品の倉庫でも使っていたので別に倉庫でなくともコンビニで見かけることがあるかもしれない。

この二色コンテナは確かに同色同士で積み重ねれば中の空間を確保して積み重なるのだが、以下の絵のように結構きちんと積めてないことが多い。(凸凹の絵を描くのがめんどくさすぎてもう絵がテキトー)

二色コンテナ_積み重ね2
これだとバランスが悪く崩れてくる恐れもあるし、中のものが潰れる恐れもある。二色コンテナの使用において最もありがちな事で注意したいところだ。

あとこれは二色コンテナというよりも食品の取り扱いについてという事になると思うが、以下のようにコンテナに食品が入ってる場合はそのコンテナを床に置いてはいけない。らしい。

その食品がパックされていてもダメらしい。ちゃんと台車、カゴ車、キャリーに乗せよということだ。
まぁ私は食品のことは専門ではないので理由はよくわからない。
二色コンテナ_食品