派遣社員にとって給料、仕事内容の次くらいに気になる休憩時間について。
こんな休憩の取らせ方ってアリ!?と疑問に感じることもあるかと思います。

労働基準法の休憩の条文は以下の通り

第三十四条  使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
○2  前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。
○3  使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

この法律そのものだけでなく、通達や判例もみないと判断できないことも多々あります。

それではこれらを念頭に派遣社員が遭遇しがちな疑問をみていきます。

休憩時間は1時間??

一般的な一日の労働時間は8時間ですが、その8時間に対して45分間の休憩を与えればいいということになります。一般的には休憩時間は1時間となっているところが多いかと思いますが、法律的には45分でいいということになります。

ではなぜ休憩時間を1時間としているところが多いかというと、8時間の労働を一分でも超えることがあれば45分ではなく1時間の休憩を取らせなければならなくなることが理由の一つです。45分しか休憩を取らせてなかった場合、残業させる前に必ず15分の休憩は入れなければいけなくなってきます。それだと管理が大変なので当初の労働時間が8時間以下でも1時間の休憩をとらせておけということです。

また1時間の休憩時間さえ与えておけば法律的にはその後何時間働かせても休憩時間を取らせる必要はなくなり、違法となるリスクをなくすことができます。

ゆえに45分で十分なのにもかかわらず、多くは休憩時間が1時間となっているわけです。

逆に考えれば8時間労働で休憩時間が45分の現場は残業がない可能性が高いのではないかと推測できるわけです。

仕事の最初、または最後にまとめて取らされたんだけど??

ちょっとまだ準備ができてないから、と言われて最初の待機時間を休憩時間とされたり、その逆に仕事が終わってからすべてをとらされたり。

違法です。

労働時間の途中に与えなければならない、と法律にあります。労働と労働の間に休憩がなければなりません。

ただ逆に言えば最初または最後に一分でも労働をさせとけばいい、ということでもあります。
その場合は一分の労働後の休憩時間を伝え、その休憩時間の間はたとえ物量が増えようとも休憩を中断させて仕事に戻らせてはいけないですけどね。

私は最初の二時間十五分をまだ物量がないからと待機させられたのちに仕事に入り、そのあと別途ちゃんと休憩を1時間取ったことがあります。休憩を申し出たとき、あなた最初ずっと休憩室に居たじゃない!と文句を言われましたがそんなことは知ったことではありません。

休憩室まで遠くて移動に時間がかかるんだけど?

倉庫は広いので休憩室に移動するまで時間がかかることも多いと思います。
残念ながら休憩室への移動時間は休憩時間に含まれます。

稀に移動時間は含めず休憩室についてからを休憩時間とする会社もありますが、それはその会社の好意です。例えばニ〇リとか。

手待ち時間はどうなるの?

派遣社員だと仕事ができる状態になるまで延々と待たされることも多々あるかと思います。
作業をしていないとはいえ、指示があればすぐに作業を始めなければならない状態、これが手待ち時間です。

これが何十分と続くとまさかこれが休憩時間として扱われないよな?と不安になってきますが大丈夫。労働時間です


これらの情報は私が法律、通達、判例、そしていろんな社労士さんのサイトを調べてまとめたものです。