路線図
京浜工業地帯を通る鶴見線は倉庫も多い。だが都心から最も近い秘境ともいわれるこの路線は初めて行くには謎が多すぎて大変だ。

実際の地図で見ると以下の通り。左上に起点となる鶴見駅がある。薄くピンクがかっている部分は横浜市、そうでないところは川崎市である。
地図

起点となる鶴見駅の改札内の様子。左側が京浜東北線、右側が鶴見線。
すでに改札内なのに鶴見線のホームへ行くには再び改札を通らなければならない。
鶴見線各駅が無人駅なため、キセルを防ぐためにそうなっているようだ。
鶴見駅改札内

そして鶴見駅の鶴見線の時刻表(最新)。
都心に近いわりには昼間の運転間隔などひどいものである。始発も遅く終電も早い。
さらに路線が枝分かれしているため、全てが目的地のほうへ行ってくれるわけではない。
多い順に、扇町方面(ただし浜川崎止まりも多い)、海芝浦方面、大川方面。
鶴見駅時刻表

ただ鶴見線は短くて各駅間も歩いて5分強程度であり、目的の駅までいく電車がなくても数駅程度なら歩いていける場合が多い。

浅野駅から安善駅までの徒歩(動画)。
安善駅から武蔵白石駅までの徒歩(動画)。
武蔵白石駅から大川駅までの徒歩(動画)。

ついでに京急花月園前駅から鶴見線国道駅までの徒歩(動画)。

一方上り方面については始発が6時台と遅いのに注意する必要がある。無人駅ゆえ駅前に時間をつぶせるところはないし、バスの始発はもっと遅い。

夜勤の終了が5時とかだと帰りに途方に暮れるのである(経験談)。一時間以上待つくらいならもう鶴見駅まで歩いていくのと大してかわらない。
なお上りの始発電車は下りの弁天橋駅からの始発電車の折り返しである。

電車