積み方を考えるうえで考慮すべき点は主に効率性安定性耐圧性である。

効率性とはいかに隙間なくぴっちりと多くのものを積み込めるかどうかという事。
安定性とは崩れてこないかどうかという事。
耐圧性とはどのくらいの重さに耐えられるか、潰れないかという事。

ブロック積み(平積み)
多くの荷物を効率よく積めるが荷崩れや層割れをおこしやすい。
最も単純で簡単であり耐圧にも優れている。 

積み付け_ブロック積み
交互列積み(交互積み、インターロック積み)
段ごとに向きを90度変えながら積み上げて行く。
上端の端以外は揺れに対して強くなる。
ダンボールの縦横比が1に近いと意味がなくなる。
積み付け_交互列積み
ブロック積みと交互列積みの組み合わせ
下のほうは耐圧に優れたブロック積み、上のほうは安定性に優れた交互列積みをする。
積み付け_ブロック交互列積み

ピンホール積み(風車形積み付け)
段ごとに向きを180度変えながら積み上げて行く。
長方形の荷物を正方形のパレットに積む際によく使われる。
耐圧には弱くなるので重すぎるものには向かない。
中に穴が開いており空気を通すことができるため、温度管理が必要なものに向いている。
ピンホ「イ」ールではない。
積み付け_ピンホール積み
ピンホール積み応用編
積み付け_ピンホール積み応用
1)一角を二分割したもの。
2)さらに分割したもの。ノートパソコンの積み付けなどによくみられる。
3)ダブルピンホールと呼ばれるもの。さらにトリプルピンホールもある。

その他の積み方
れんが積み、スプリット積み 

積み荷を安定させる方法
安定性が低い積み方であってもそれを補完する手段がいくつかある。
〇ストレッチフィルムを巻く。
〇紐で上段を結束する。
〇各段の合間に段ボール、べニヤ版、パレットなどを挟み込む。
〇グルーで上下の段ボールを軽く接着させる。

オーバーハング
パレットなどからはみ出るほどに積み込むことをオーバーハングという。やむを得ずオーバーハングすることもあるが、その場合耐圧性が劣ることは認識しておいたほうがいい。重い物をたくさん積み重ねる場合は特に気を付けるべき。
オーバーハング
オーバーハングはダンボール間にも言えることである。
オーバーハング2
パレットからはみ出なくてもオーバーハングと同様の問題が木製パレットでは起こりうる。デッキボード間隔の広いパレットには注意する。
オーバーハング3

はい作業
荷を積むことを「積む」たは「積みつける」とよく言うが、正式には「はい付けする」と言う。
荷を降ろすことを「はいくずしする」といい、積み替えることを「はい替えする」と言う。
そしてそれらをひっくるめて「はい作業」と言う。
はいとは、積み上げられた荷の集団のことで、2メートル以上のはい作業にははい作業主任者の資格を持った者の指揮が必要。

ただこの資格は米俵時代の情報が多かったり、専門用語ばかりでその用語で指揮されても指揮される側はチンプンカンプンだったりとなかなかに微妙なものとなっているようだ。