ケース1
少量の荷物を移動させてすぐ降ろす場合、パレットを使わず直接ハンドリフトに荷物を載せることがある。
ハンドリフトに直接載せる

ケース2
パレットの向きだけ変えたい場合、片側を半分だけ差して持ち上げないまま急回転させれば向きが変わる。
これを90度単位で向きを変えてしまうケースもあれば、少しだけ回転させて爪が刺さりやすい角度にして正式に差して引っこ抜くケースもある。
ハンドリフト半差し急回転

ケース3
短距離の移動ならばそもそもハンドリフトが不要なことが多い。人力で押し引きすれば意外と動く。
倉庫初心者は少量の荷物だろうが短距離だろうが律儀にハンドリフトを使って移動させようとすることが多いが、少しぐらいなら人力でやったほうが手っ取り早い。
ハンドリフトなしで動かす2
ケース4
空パレットからハンドリフトを抜こうとすると軽すぎてパレットが動いてしまいやりにくい。
その場合は僅かだけ爪を上げておくか、シーソーのように強引に爪を浮かす方法がある。