服装自由!なんていう求人文句をうのみにしていると痛い目にあうぞ。倉庫には倉庫に相応しい服装がある。会社に言われなくても以下のことを考慮していくのが自分の身のためでもある。

考慮すべきこと
〇動きやすい ・・・体を使う仕事です
〇汚れても目立たない ・・・汚れ対策
〇引っかからない ・・・巻き込み予防
〇肌の露出を抑える ・・・怪我予防
〇仕事にふさわしい柄 ・・・職場です

最も無難な服装
くら子ちゃん_服無難

 色の濃い長袖の服
ほこりなどで汚れるので白系はやめたほうが無難。ダンボールで擦ったりして怪我する恐れがあるので長袖がいい。

ズボン 色の濃い長ズボン、チノパン
同様に白系は控える。半ズボンは問題外。

 紐のないスニーカー
紐は機械などに絡まれる恐れがあるのでやめたほうが無難。

靴下 肌が隠れる程度の長さはある靴下
肌の露出は怪我の元。

 ゴム付き軍手
素手での作業は禁止されてるところすらある。

これに加えて必要に応じて現場にてエプロンやヘルメットが貸し出されると思います。 

やめたほうがいい服装

汚れが落ちづらい素材のもの、必要以上にダブついているもの、チェーン付き、ひも付き


ジャージ、スウェット、タンクトップ、フード付き

ズボン
ジャージ、スウェット、スカート、半ズボン


サンダル、ヒール

靴下 
かかとまでしかないようなショートソックス

その他

アクセサリー、ピアス、ネイル

プロフェッショナルな服装

そう子ちゃん_服プロ
 ヘルメット着用。ヘルメットの下にはハンドタオルを巻く。

 マスク着用。

 エプロン着用。

 ポーチ着用。ボールペン黒赤、サインペン黒赤油性水性、カッターなどいろいろ保持。

 安全靴着用。

なぜヘルメットの下にハンドタオルを巻くのか?
ヘルメット
ヘルメットは使用していると汗や菌で臭くなります。さらに派遣社員の場合は今まで見知らぬ他人が使用していたものを使わなければいけないことがあります。

ヘルメットからのそのいやな感じをダイレクトに受けないようにするためと、自分の頭皮から発汗した汗を即吸い取るために巻く人は巻いています。

一方でヘルメットの下にタオルを巻くとヘルメットが外れやすくなってよろしくないという見解もあり、過酷な工事現場などでは禁止されているようです。
まあしかし倉庫内作業程度ならいいんじゃないでしょうか。

私はファブリーズだけしといて気にせずダイレクトにかぶってます。

あるいはヘルメット用のインナーキャップというものもあり、そういうものも利用してもいいのではないでしょうか。
洗って何度も使うタイプのものや、使い捨ての紙製のものもあります。