二方差しパレット
パレットには二方向から爪を差せるものと四方から差せるものがある。
二方差しパレットは特に木製のパレットに多いのだが、これを敷くときは向きに注意する必要がある。

例えば以下のように壁際の障害物と障害物の間にパレットを敷こうとするとき。
二方差しパレット_注意点2

四方差しならどちら向きでも大差はないが、二方差しパレットを以下のように敷いたらどうなるか。
パレットに色々載せた後、どう移動させるつもりか??
二方差しパレット_注意点

これは極端な例だが、二方差しパレットは敷くときに後々ハンドリフトやフォークリフトで問題なく移動させられる方向であるか注意する必要がある。