倉庫内作業の基礎知識

倉庫で働く派遣社員にとって役立つ情報をお届けします。

積み方を考えるうえで考慮すべき点は主に効率性安定性耐圧性である。

効率性とはいかに隙間なくぴっちりと多くのものを積み込めるかどうかという事。
安定性とは崩れてこないかどうかという事。
耐圧性とはどのくらいの重さに耐えられるか、潰れないかという事。

ブロック積み(平積み)
多くの荷物を効率よく積めるが荷崩れや層割れをおこしやすい。
最も単純で簡単であり耐圧にも優れている。 

積み付け_ブロック積み
交互列積み(交互積み、インターロック積み)
段ごとに向きを90度変えながら積み上げて行く。
上端の端以外は揺れに対して強くなる。
ダンボールの縦横比が1に近いと意味がなくなる。
積み付け_交互列積み
ブロック積みと交互列積みの組み合わせ
下のほうは耐圧に優れたブロック積み、上のほうは安定性に優れた交互列積みをする。
積み付け_ブロック交互列積み

ピンホール積み(風車形積み付け)
段ごとに向きを180度変えながら積み上げて行く。
長方形の荷物を正方形のパレットに積む際によく使われる。
耐圧には弱くなるので重すぎるものには向かない。
中に穴が開いており空気を通すことができるため、温度管理が必要なものに向いている。
ピンホ「イ」ールではない。
積み付け_ピンホール積み
ピンホール積み応用編
積み付け_ピンホール積み応用
1)一角を二分割したもの。
2)さらに分割したもの。ノートパソコンの積み付けなどによくみられる。
3)ダブルピンホールと呼ばれるもの。さらにトリプルピンホールもある。

その他の積み方
れんが積み、スプリット積み 

積み荷を安定させる方法
安定性が低い積み方であってもそれを補完する手段がいくつかある。
〇ストレッチフィルムを巻く。
〇紐で上段を結束する。
〇各段の合間に段ボール、べニヤ版、パレットなどを挟み込む。
〇グルーで上下の段ボールを軽く接着させる。

オーバーハング
パレットなどからはみ出るほどに積み込むことをオーバーハングという。やむを得ずオーバーハングすることもあるが、その場合耐圧性が劣ることは認識しておいたほうがいい。重い物をたくさん積み重ねる場合は特に気を付けるべき。
オーバーハング
オーバーハングはダンボール間にも言えることである。
オーバーハング2
パレットからはみ出なくてもオーバーハングと同様の問題が木製パレットでは起こりうる。デッキボード間隔の広いパレットには注意する。
オーバーハング3

はい作業
荷を積むことを「積む」たは「積みつける」とよく言うが、正式には「はい付けする」と言う。
荷を降ろすことを「はいくずしする」といい、積み替えることを「はい替えする」と言う。
そしてそれらをひっくるめて「はい作業」と言う。
はいとは、積み上げられた荷の集団のことで、2メートル以上のはい作業にははい作業主任者の資格を持った者の指揮が必要。

ただこの資格は米俵時代の情報が多かったり、専門用語ばかりでその用語で指揮されても指揮される側はチンプンカンプンだったりとなかなかに微妙なものとなっているようだ。

倉庫内作業をするようになって喉を痛めた人も多いだろう。倉庫は大抵空気が悪いのだ。

まったく異常をきたさない人もいれば、数時間で痛みを感じる人もいる。
倉庫の汚さの程度にもよるだろう。
私の場合は見るからに汚そうな倉庫にて一か月で喉を壊した。

では喉を守るにはどうすればいいのか。

マスク
最も効果があるのはマスクの着用。それだけで喉の問題は90%解決されたも同然である。

うがい薬
夏場などマスクをしてては口元が蒸れていやだというならば次善策としてうがいするといいだろう。
この明治というメーカーはかつてイソジンというブランドでうがい薬を販売していた会社で、ここのうがい薬ならば間違いはないだろう。

のど飴
実はものによって効能効果にかなり差がある。
レベル1 菓子メーカーののど飴

レベル2 薬品メーカーののど飴

レベル3 医薬部外品

レベル4 第3類医薬品

レベル5 第2類医薬品


薬品(のどぬーるシリーズ)
スプレータイプ

就寝中用

ガラガラゴックン

内服カプセル

綿棒タイプ

のどぬーるシリーズがこんなにあったとは小林製薬恐るべし。



段ボールの取っ手
日常の感覚でつい手に取ってしまうダンボールに付いている取っ手。
それが製品の入った段ボールであれば取っ手を持つことが禁止されている可能性が高い。

取っ手も含めて商品であるという考えなのだろう。

普段から取っ手を持って仕事しないクセをつけておいたほうがいいかもしれない。


 

倉庫内作業で必要不可欠といってもいい軍手。
たいてい自分で用意することになっていると思います。
軍手の良しあしで仕事のしやすさが格段に違ってきますので、自腹だからと言って安さだけで選ばないほうがいいと思います。

軍手を選ぶポイントはグリップ力通気性
そしてサイズは小さめのものがいい。荷物と軍手の間にしっかりグリップが利いていても、素手と軍手の間がガバガバでは効果半減なのである。

ちなみに軍手の数え方は左右セットで一双(そう)です。

普通の軍手
相場 百均 3双100円 コンビニ 2双100円
安さは抜群だがこれではすべって荷物が持ちづらい。仕事にならないレベルといってもいいくらいである。
KIMG0186_

滑り止め付き軍手
相場 百均 2双100円 コンビニ 1双100円
黄色いボツボツとしたゴムが付いたものが最も一般的。倉庫内作業をするならば最低限このレベルの軍手を使いたい
KIMG0187_
ちなみに上の写真が新品、下の写真が一日だけ倉庫で作業をして洗濯したもの。グリップ力は体感30%ほど落ち、サイズは5%ほど縮んだ。
KIMG0184_

ゴム張り軍手(これも滑り止め付き軍手ともいう)
相場 百均 1双100円 コンビニ 1双200円 ホームセンター 180円からピンキリ
前面にゴムが張られている手袋で滑り止め効果が非常に高い。
下のコンビニで買った赤い軍手は二日以上倉庫内作業をして未洗濯なのだが、この状態でも新品の黄色いボツボツとしたゴムが付いた軍手と同等以上のグリップ力がある。
欠点は蒸れやすい事。ゴム張り軍手を選ぶときは通気性能も考慮しよう。最高級のグリップ力と通気性を売りにしている軍手は500円以上したりする。
KIMG0176_
KIMG0177_

以下は百円ショップダイソーで買ったゴム張り軍手。百円でゴム張り軍手は無理があるのか、見るからにおもちゃ感があるのだが、使用したら後日そのレポートを追記します。
KIMG0119_
KIMG0129_
KIMG0123_
KIMG0132_
KIMG0121_
KIMG0134_

薄手の軍手
相場 百均 1双100円 コンビニ 1双200円
小物の梱包時に使うことが多い軍手。とはいっても薄手の軍手としてではなくドライブ用手袋としてしか売っているところを見たことがない。。
KIMG0125_
KIMG0139_


 

KIMG0100_

軍手
軍手は10種類以上あったがよさそうなものを4つ買ってきた。
KIMG0119_KIMG0121_
KIMG0123_
KIMG0125_

ペン
ボールペン各色サインペン各色などは当然置いてあったが、赤サインペンだけ持ってなかったので買ってきた。
KIMG0111_

カッター
普通のカッターや大きめのカッターは当然置いてあったが私は両方持っているので、今回はめずらしいのこぎり刃カッターを買ってきた。
KIMG0105_

マスク
30枚で108円ということは1枚3.6円というマスク。
KIMG0101_

カイロ

貼るカイロは6個108円、普通のカイロは8個108円であった。
KIMG0103_

野菜サプリ

食費節約にも必死な派遣社員は野菜が不足がち。
KIMG0107_

筋トレグッズ
倉庫内作業では特に男性は体力勝負。同じ時給でも女性に楽な仕事、男性にきつい仕事がまわってくるのである。
KIMG0115_
KIMG0113_

テープ
こんなものを自前で職場へもっていく人はいないだろうが、まさかテープカッター付きでテープが108円で売られてるとは思わず買ってしまった。
KIMG0117_

レシート
KIMG0127

↑このページのトップヘ